シンプルで高機能 【 SWELL 】を使用しています

【徹底比較】VOOとVIGのどちらがコア資産に向いているのか【米国株ETF】

あなたはVOOと VIGの違いがわかりますか?

S&P500に連動するVOOと米国連続増配のVIG。実は両者とも似たような動き、伸びをしています。

では、どちらかをコア資産とする場合どちらがいいのでしょうか?

どんぐりさんはVIG推しだけど、VOOじゃダメくま?

くまくん
くまくん

この記事ではこの様なお悩みを解決します。

  • VOOとVIGはどう違う?
  • 将来的に儲かるのはどちら?
  • 高配当なのはどちら?

ここで少し私の紹介をさせてください。

この記事を書いている人

どんぐり所長

  • ブログデザインコミュニティ運営者
  • 国家資格 1級建築施工管理技士
  • マンション大規模修繕工事現場所長 
  • 4つのブログサイトを運営
  • 長期投資志向
  • 投資は米国ETFメイン
  • twitter フォロワー2600人以上

長期投資安定志向。つみたてNISAで満額までeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)を積み立て、さらに追加でeMAXIS Slim S&P500を積み立てるほどの安定志向です。

最後まで読めば、どちらに投資すべきか分かります。是非最後まで読んでいってくださいね。

VIGについて詳しく知りたい方は先にこちらの記事へどうぞ

むずかしい株式用語の解説はこちらのサイトをご参照ください。

目次

VOOとVIGの比較

まずは両者を比較していきましょう。

項目VOOVIG
運営会社バンガードバンガード
設定年2010年2006年
主な投資対象S&P500米国増配株式
構成銘柄S&P500 508社
時価総額加重平均
連続増配10年以上 202社
修正時価総額加重平均
経費率0.03%0.06%
配当利回り1.57%1.58%
5年進捗11.9%増11.5%増
単価339.18$139.16$
2020年12月8日現在のVOOとVIGの比較

ほぼ同等のパフォーマンスですが、経費率でVOOの方に分があります

しかし、経費率の0.03%はどちらにせよ激安であり、大差はないと考えます。

構成銘柄も倍以上VOOの方が多くリスク分散されています。

VOOは設定年が2010年と比較的若く、リーマンショックを経験していないので不安が残ります。

しかし、コロナショックでも株価を戻し実績を得たのでその不安を払拭しました。

どんぐり
どんぐり

パフォーマンスを見ると、少しVOOが勝ってますね。

VOOとVIGの株価の伸び

VOOとVIGはほぼ同じような値動きをしています。

VOOの5年チャート

VOOの5年チャート

VIGの5年チャート

VIGの5年チャート

同じように伸び、同じように落ちる。

でも少し、VIGの方が谷が浅そうに見えるクマ。

くまくん
くまくん

ただし、VIGは大型株に多く伸びる銘柄が少ないので比較的伸びが弱くなります。

VIGとVOOのGAFAMの関係

アメリカの株価はGAFAMと呼ばれるハイテク株が先導しており、これがどれだけ採用されているかでも、伸びが変わってきます。

GAFAMとは…

ハイテク銘柄5社をあわせて呼ぶ時の略称。各々の頭文字を取っている。この5社で日本の株式を上回る規模である。Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft の5社
ビッグテック」、「ビッグファイブ」、「S&P5」と呼ばれる事もある

参考:【GAFAMとは】アメリカをけん引するハイテク5社【米国株ETF】 | ほんわかカレッジ

採用されているGAFAMの違いはコチラ

VOOVIG
グーグル
アップル
フェイスブック
アマゾン
マイクロソフト
マイクロソフト
2021年6月時点のGAFAM編入状況

VOOには全ての「GAFAM」が含まれており、VIGにはマイクロソフトのみ採用されています。

グーグル・フェイスブック・アマゾンは分配金を出していない企業の為、VIGに組み込まれることはありません。

VIGにアップルが編入される可能性

ただし、アップルについては現在8年連続増配中であり、1~3年の内にVIGに編入する事が予想されます。

アップルがVIGに組み込まれれば株価には好材料となり、上昇する可能性があります。

どんぐり
どんぐり

GAFAMが全て入っている分、ここでもVOOが有利だね!

しかし、良くも悪くもVOOはハイテク銘柄の割合が多く、セクター分散としては偏っています。

セクター分散的にはVIGが非常にバランスが取れていて、高評価です。

VOOとVIGの暴落時のパフォーマンス

リーマンショックを超えていない為、大暴落時のパフォーマンスのみ心配が残るVOOでした。

しかし、今回のコロナショックでもしっかりとした復帰力を見せ、さらに信用を上げました

VIGにおいても、VOOには及ばないものの同程度の復帰力を見せ、こちらも盤石の安定感を見せています。

差が出たのが暴落時の最大下落率です。

スクロールできます
項目VOOVIG
コロナ時の下落率約32%マイナス約28%マイナス
コロナ時の下落率の比較

さらに、暴落後復帰を始めるのもVIGの方が早く上昇しました。

また、リスク分散についてもVOOが508社、VIGが202社とVOOの方が分散が効いています。

しかし、VIGは優良な実績のある大型株で構成されている為、暴落時の安定感があるようです。

どんぐり
どんぐり

暴落耐性では少しVIGが優勢。早く上昇すれば安心だし、うまくいけば他に資金を回して運用する事もできるね。

VOOとVIGの分配金

項目VOOVIG
分配金1.29%1.77%
2021年6月23日現在

あれ?VIGって高配当じゃないの?

くまくん
くまくん
どんぐり
どんぐり

違うよ!連続「増配」してきている銘柄を集めているだけで、現時点ではそんなに高配当じゃないんだ。

実際、VOOの方が分配金が高い場合もあります。

その代わりに、毎年毎年増配されていく事が予想されているので、10年保持すれば配当が倍になっている事も考えられます。

どんぐり
どんぐり

VIGは株価自体もS&P500に近いキャピタルゲインを得つつ、将来高配当も狙う。

VOOとVIGどっちがいいの?「みんなの声」

ここでは、VOOとVIGどちらがいいのか。みんなの声を拾っていきます。

【まとめ】VOOとVIGどちらが良いのか

項目VOOVIG
株価の上昇S&P500の強い伸びVOOより少し弱い
暴落時の耐性しっかりと戻すVOOより強く
回復が早い
GAFAMグーグル
アップル
フェイスブック
アマゾン
マイクロソフト
マイクロソフト
もうすぐアップル
経費率0.03%0.06%
分配金1.29%1.77%
将来上がりやすい
収益タイプキャピタルゲインキャピタルゲイン
+インカムゲイン
攻守中立ディフェンシブ
VOOとVIGの比較 2021年6月現在

この結果を踏まえて、私がVIGを選んだ理由は

  • 債権並みのディフェンシブさ
  • 高配当好きなので将来の高配当化に賭けたい
  • それでいてS&P500なみのキャピタルゲイン

ここに魅力を感じ、コアETFにVIGを採用しています。

しかし、これはあくまで私の話。株取引の責任は自分自身が取ること!

Q&A

VOOとVIGではどちらがリスク分散されていますか?

VOOの方がリスク分散されています。約500銘柄に分散されて投資されています。

暴落時に下がりにくいのはどちらですか?

VIGです。しかし、大きくは変わりません。

将来、大きく伸びるのはどちらですか?

将来確実に伸びる保証はありません。しかし、これまでの伸びを鑑みるとVOOが伸びる可能性が高いです。

【結論】ぶっちゃけ、VOOで良い

それを踏まえた上で私の結論は!

好きな方を買え!

無責任なwww

くまくん
くまくん

それだけ、両方良いETFという事です。

一般的には、下記の様な利点から、「VOO」をおススメします!

  • 大人気なので取引数量でVIGを追い抜いている
  • アメリカの成長を最大限享受できる
  • 経費率がVIGの半分
  • 配当金貰うと日米で二重に税金取がられるので、キャピタルゲインに集中させたい
  • 各ネット証券で、手数料無料になっている

VIGやVOOの買い方

VIGやVOOなどの米国ETFは必ずネット証券で取引しましょう。

なぜなら、窓口ではボッタくり商品や高い手数料を支払わされる可能性があるからです。

おすすめのネット証券はこちら

おすすめのネット証券
  • 楽天証券
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • DMM.com証券
どんぐり
どんぐり

来すこしでも資産を大きくしたいなら手数料の安い証券会社を選びたいですね!

手数料の安いおすすめのネット証券をご紹介します。

米国株始めるなら手数料の安いネット証券

私がDMM.com証券をおすすめするには3つの理由があります。

DMM.com証券をおすすめする3つの理由
  1. 最短即日口座開設
  2. 業界債安の手数料
  3. 自分に合わせて選べる充実の取引きツール

最短即日口座開設!

業界最安値の手数料!

他社と比較しても一目瞭然!手数料の差はそのまま資産拡大の差に繋がってきます。

選べる取引きツール

あなたのパソコンで取引をする場合も2種類のツールが使用できます。

もちろんスマホアプリも充実!

  • 手数料をできるだけ抑えたい
  • 便利なアプリを駆使して株取引を楽しみたい

そんなあなたにピッタリのネット証券です!

手数料を少しでもおさえて勝率をあげろ!

公式サイトはコチラ

どんぐり
どんぐり

何といっても手数料が安いのが魅力!

VIG好きには続きがあるんじゃ

VIGをコアとするポートフォリオを検討する場合、合わせる事で効果を発揮するETFの記事を書いています。

VIGがいいなと思った方はこちらもあわせてご覧ください。

次に読む➤➤➤

株のまとめ記事➤➤➤

どんぐり
どんぐり

では、またっ!

おすすめ記事

投資を始めるならまずつみたてNISAで投資信託!

投資信託の次に投資するなら?国内個別株?いやいや、米国ETF!

投資信託ならなんでもいいわけではないです!買ってはいけない投資信託を知っておこう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる