シンプルで高機能 【 SWELL 】を使用しています

【米国ETF】高配当SPYDからVIGに変更した理由【コア資産変更】

米国ETFでの投資を始めた当初、高配当株式に興味があり、中でもSPYDの高配当が気に入りコアETFとして資産運用を考えていました。

しかし、時代はコロナとなり世間一般と同様に米国ETFの世界も様変わりする事となりました。

その影響を受け、コアETFをSPYDからVIGに変更した経緯を記事にしています。

超高配当ETFのSPYDをやめて何故VIGにしたクマ?

くまくん
くまくん

この記事ではこのようなお悩みを解決していきます。

  • 高配当ETFならSPYDでよかったのでは?
  • VYMやHDVは候補に挙がらなかったのか
  • 何故配当の低いVIGにしたのか

ここで少し私の紹介をさせてください。

私はこんな人

どんぐり

  • 国家資格 1級建築施工管理技士
  • マンション大規模修繕工事現場所長 
  • 経済的自由を目指し、節約・副業・投資を実践
  • 副業として当サイト含め3つのブログサイトを運営
  • 長期投資志向(つみたてNISA、米国ETF)で資産運用
  • twitter フォロワー1700人以上

国内高配当大型株、インデックス投資、米国ETFを中心に資産運用をする、長期志向の投資家です。つみたてNISAでの米国インデックスへの積立、米国ETFを主力に投資を進め、順調に資産を形成しています。

この記事では、私がどのような理由で一度は愛したSPYDをやめ、コア資産をVIGに変更したか、全て話していきますので是非最後まで読んでいってくださいね。

目次

決定打はコロナ!暴落時に強いETFがVIGだった

どんぐり
どんぐり

私は長期投資志向の投資家。高配当株を長期的に所持して分配金でリターンを得るインカムゲインを主体に考えていました。

インカムゲイン

株価の値上がりではなく、分配金で利益を得ていく事。年利4%以上が高配当銘柄と言われる。

コロナによる暴落で米国S&P500の中で最も高配当な銘柄を集めた「SPYD」を纏まった数量購入する事ができ、将来の礎とする予定でした。

SPYD

S&P500構成銘柄の中から高配当利回り上位80銘柄に投資する上場投資信託(ETF)
調子の良い時は6%以上の分配金を叩きだす、最も高配当な部類の米国ETF
【SPYDとは】ナンバーワン配当利回りの高配当ETF【米国ETF】

しかし、SPYDをはじめとする高配当ETFは軒並み、VOOQQQなどのキャピタルゲイン向けETFに遅れを取り、暴落からの復帰力の弱さが露呈しました。

キャピタルゲイン

その銘柄の株価の値上がり益の事。高配当銘柄の狙いであるキャピタルゲインの対極として語られる事が多い
【キャピタルゲインとは】株価の値上りを優先的に狙う投資【米国ETF】

その中でもSPYDは最も弱く、暴落時の価格からほとんど戻らない状態が続きました。

ここで、高配当ETFの中でも、強さを見せたVYMに変更を考えていました。

VYM

バンガード社が運営する米国高配当ETF。平均以上の配当を出す普通株で構成されるFTSEハイディビデンド・イールド指数に連動する
【VYMとは】主要3銘柄で安定してリスクの低い高配当ETF【米国ETF】

しかし、さらに強さを見せるVIGを見つけ変更の検討を始めました。

ツイッターで呟いたところ、まさかの東大バフェットさんから追撃のツイートを頂き変更を決断。

東大バフェットさんのVIGの記事はコチラ

SPYDが何故ダメだったのか

SPYDとは、S&P500の中で高配当の銘柄上位80社を均等に投資する上場投資信託。

どんぐり
どんぐり

SPYDはほぼ底値で買えていたのでずっとプラスでした。配当を貰い続ければと、あまり不満はなかったのですが、他のETFが凄い勢いで値を戻して行っている間ほとんど値が戻らず這いずっていました。

株価の値戻りが早い銘柄を購入しておけばもっと大きなリターンを得られた可能性があります。

また、S&P500の中で高配当の銘柄を年に2回入れ替える「安心の運用ルール」を用いているはずでしたが、コロナ中のSPYDは株価が下がって高配当になった弱い銘柄を続々と編入し、さらに株価低下を招きます。

暴落時の組み換えルールの脆弱性を露わにしました。

さらに頼みの綱の高配当についても、VYM、HDVがなんとか最低限の減配でとどめる中大減配を実施し、さらに不人気に拍車をかけました。

SPYDを持ち続けても損にはなりませんし、2020年12月現在、株価も戻ってきましたが、自分の運用ルールからSPYDが逸脱する事がわかりましたので、コア資産を変更する事にしました。

どんぐり
どんぐり

結局投資は自分が決断するので、愛せないと分かった段階でお別れするのです。

SPYDに変わる高配当株の選定に入る

まず検討したのが、バンガード社が運用するVYM

バンガード社はアメリカの最王手の運用会社。上場投資信託の略称の一番目に「V」がついているとバンガード社の物が多い。[VOO]、[VT]、[VTI]、[VGT]などなど。

構成銘柄米国高配当株400銘柄で構成される。
手数料安い 0.06%
配当利回り3.5%前後

SPYDが80銘柄だったのに対して、VYMは400銘柄で構成されているので、リスク分散も強い。

コロナ時はSPYD同様に暴落したものの、高配当株の中ではもっとも力強く値を戻し、暴落時の強さも見せました。

どんぐり
どんぐり

VYMでいいじゃんね…。あれ、VIGってのもいいな…。

名前に「配当」と書いてあったので目に留まった「VIG]。

早速、3つのETFを比較してみる。

名称SPYDVYMVIG
運用
会社
ステートストリートバンガードバンガード
主な
投資
対象
S&P500
高配当株式
米国
高配当株式
米国
連続増配株式
構成
銘柄
S&P500
高配当80社
均等配分
米国
高配当400社
時価総額加重平均
連続増配10年以上
大型183社
修正時価総額加重平均
配当
利回
6.2%前後3.5%前後1.8%前後
経費率0.07%0.06%0.06%
暴落
耐性
弱いS&P500より
弱い
S&P500より
少し強い
チャート
上昇
弱いS&P500より
弱い
S&P500より
少し弱い
主要
銘柄
均等配分なので
主要銘柄なし
聞き馴染みのない
企業が多い
ジョンソン&ジョンソン
P&G
ファイザー
など
ウォルマート
マイクロソフト
P&G
など
※あくまでも2020年11月現在

この中では最も暴落に強いのがVIGでした。

主要銘柄にGAFAMの一員であるマイクロソフトが組み込まれています。他にも有名な配当貴族P&Gも含まれており、キラキラした優良企業がズラリと並んでいます。

SPYDと銘柄のキラキラ度が全然違うクマ…。

くまくん
くまくん
どんぐり
どんぐり

しかも、GAFAMの一角、APPLEが現在8年連続増配中!2,3年後にはVIGに編入される予定だよ!

APPLEが編入されれば、VIGの株価も上昇が期待されます。

でもVYMの構成銘柄が400社でしょ。VIGは180社だからリスクに弱いんじゃないの?

みつこさん
みつこさん

確かに構成銘柄が減ればリスクは高まります。SPYDの問題点も80社しかないところにも大きな原因があります。

しかし、VIGの場合含まれているのは「優良な」「連続10年以上増配している」「大型株」というところ。

どんぐり
どんぐり

長期に渡って実績のある優良企業で構成されているって事だね。

業績の悪い企業が沢山集まってもリスク分散にはあまり効果がありません。

しかし、高配当ETFを狙っていながら、なぜ1.8%なのか?

1.8%ならもう高配当じゃないよね。

みつこさん
みつこさん

購入を決めた理由。それは、VIGが連続増配銘柄を集めたETFだからです。

どんぐり
どんぐり

将来へ向けて、配当がどんどんあがっていく銘柄で構成されているので、株価があがるだけでなく、配当も上がっていく事が予想されます。

今回のコロナ渦の中でも増配を行いました。

10年以上保持し続けていると、結果的に高配当ETFになっている可能性が高いです。

貯金するよりVIG

どんぐり
どんぐり

株価が上がらなかったとしても、年1.8%の分配金が入るので、貯金より全然良いリターンが計算できます。

そしてなにより、暴落時に強い安定感を持ち合わせているので、ディフェンシブ銘柄として秀逸

QQQなどのオフェンシブ銘柄と合わせて持つ事で良いポートフォリオが組めると考えました。

そして結果組んだポートフォリオは以下の記事で書いています。➤➤➤積み立てNISAで投資信託を積み立てした後の投資先は?【米国ETF】

SPYDからVIGに変更した理由!

どんぐり
どんぐり

SPYDが暴落時にぽんこt…おや誰か来たようだ。

VIGにコア銘柄を変更した理由
  • 運用会社が、実績十分で安心「 バンガード社
  • 暴落時、S&P500よりも下がり幅が少ないディフェンシブ性能
  • 暴落からの復帰もS&P500と同等の伸び
  • ほぼS&P500に連動した動きで、長期に渡って力強く伸びる
  • 配当金は安いが、長期で保持して後々高配当になればいいな
  • 運用費も、他より少しだけ高い0.06%。これでも十分激安

株価自体の値上がり益も狙いながら、将来的に高配当も狙う。貯金するくらいならVIGで決定。

あなたのポートフォリオにも、VIGを検討してみてください。

VIGとS&P500連動であるVOOとの比較記事を書きましたので、続けてどうぞ!

どんぐり
どんぐり

では、またっ!

スポンサードリンク

観るのも読むのも、U-NEXTひとつ。

●見放題作品数、NO.1!なんと21万本以上
●映画/ドラマ/アニメ/マンガ/ラノベ/書籍/雑誌も豊富にラインアップ
●レンタルやマンガの購入に使えるポイントが1,200円分毎月貰える!

\まずは31日間無料でお試し!/

おすすめ記事

買ってはいけない投資信託とは?

株取引を始めるならネット証券。初心者におすすめの証券会社はここ!

3億円当たったらどう使います?使い方であなたの危険度が分かる!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる